切迫早産とは

切迫早産とは、「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、性器出血、破水などの症状に加えて、外測陣痛計で規則的な子宮収縮があり、内診では、子宮口開大、子宮頸管の展退などが認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態」で「早産」が差し迫っている、という状態(日本産科婦人科学会編・産科婦人科用語集・用語解説集より)

をいいます。
つまり、切迫早産とは、まだ分娩の時期ではないのに、分娩の時に起こる現象(陣痛のようにお腹が張ったり、出血したり、子宮口が開いたり、破水したり)が起こって、出産(早産)となる危険性が高い状態のことをいいます。

【スポンサードリンク】

切迫早産の症状

切迫早産は「早産になりそう」な状態、つまり時期は早いけれど出産してしまいそうな状況なわけで、切迫早産の症状としては「出産時の症状」が現れる、と考えればわかりやすいです。

代表的な、切迫早産の症状は以下の通りです。(切迫早産の症状の詳しい説明は次ページを参照してください)

規則的な子宮収縮(お腹の張り)
規則的に子宮が収縮することを一般的に「お腹が張る」と言います。出産時はこれが段々強くなって「陣痛」となります。妊娠期間中にお腹が張ることは珍しいことではありません。すぐに治まるお腹の張りなら問題ないのですが、規則的にお腹が張り続け、10分間隔より短くなると陣痛へと変わってしまうので要注意です。
性器出血
出産前に出血することを一般的に「おしるし」と言いますが、出産時期ではないのにそれと似た症状が出ると「切迫早産」と判断されます。お腹が張るとその刺激で出血することがあります。
子宮頸管が短くなる
お腹が張る(陣痛のように子宮が収縮する)と子宮頸管は段々短くなります。子宮頸管が短くなると、子宮を支える力が弱くなり出産につながります。
子宮口が開く
お腹の張りが無くても子宮口は開いている人もいれば、お腹の張りが強くても子宮口はしっかり閉じている人もいます。
破水
破水は体が出産の体勢に入っていると考えられます。破水してしまうと羊水に雑菌が侵入しやすく、例外を除いて長期的に早産を避けることはできなくなります。数日のうちには出産につながるケースが多いです。
下腹部痛
お腹が痛いということは、自覚はなくても子宮の収縮(お腹の張り)がおこっているとも考えられ、要注意です。

この症状をスコア化して切迫早産の重症度を以下の表のように表します。

  0点 1点 2点 3点 4点
子宮収縮 不規則 規則的    
子宮口開大度 1cm 2cm 3㎝ 4cm以上
性器出血 少量 多量    
破水   高位破水   低位破水

(参考;新女性体系他)

それぞれのスコアを合計して、点数が高ければ高いほど早産の危険が高いということになります。

一般的に、3点以上は入院治療の対象5点以上になると長期的に早産を避けるのは難しい状態だとされています。

参考までに私の場合をご紹介しますと、「症状は規則的な子宮の収縮のみ→2点」で入院となりました。一概にこのスコアだけで治療の方針が決められるわけではないことをご理解ください。医師は、病院の方針や設備の状況、上記の以外に見られる切迫早産の症状など総合的に加味したうえで、入院の必要性を判断します。あなたの担当医師の方針に従ってください。

切迫早産と診断された方の症状だけを見ると、「子宮の収縮」と「出血」が最も多いです

こういった切迫早産の症状が現れるその原因については『切迫早産の原因』のページをご覧ください

切迫早産の治療法

切迫流産とはでも前述していますが、切迫流産・切迫早産の治療法は「安静」しかありません。どんな症状であろうと、どんな原因であろうと、安静は第一の治療薬です。

もちろん、症状に応じてお薬や外科的処置が施される場合もあります。

この医療の進んだ時代に「なんで寝てるだけなのよ?」と怒りにも似た感情を抱いたり、「もっと名医なら違う診断をしてくれるかもしれない。」と担当医師を信じられなくなることもあります。
でも、本当に「安静」プラス「薬」で様子を見るしかないのが実情なんです。

私の主治医は「切迫流産・切迫早産は何をどうすればどこが治るっていうものじゃない。」とよく言っていました。
そして、「切迫流産・切迫早産の治療は、赤ちゃんを元気で産もうという強い意志をもって、根気良く寝てるしかない」とも言っていました。

その「寝ているだけ」が一番辛いんですけどね。「寝てるだけ」の時間を有効に快適に過ごせるように、このHPがお役に立つことを願っています。

安静についれは、『安静の目安』をご覧ください。