妊娠・出産することで、もらえるお金がたくさんあります。

こちらのページでは、出産を機にお勤めを退職する予定のママがもらえるお金をまとめました。

お勤めを退職されるママは、『赤ちゃんを産んだらもらえるお金【すべてのママ編】』と、このページ『赤ちゃんを産んだらもらえるお金【退職ママ編】』の両方がもらえますよ。

切迫流産・切迫早産をきっかけに予定より早めに退職することになったママさんも多いと思います。
十分な説明のないまま退職すると、もらえるはずのお金をもらい忘れることもありますので、よくお調べになってもらい忘れのないようにお気を付けくださいね。

『赤ちゃんを産んだらもらえるお金【すべてのママ編】』はこちら

【スポンサードリンク】

退職者の所得税還付申告

年度の途中で退職することになりますので、年末調整を受けていません。退職後確定申告をすることで、払い過ぎている税金が戻る可能性があります。

確定申告をする時期は、退職した年の翌年の1月~5月の間。ちょうど出産が重なって忙しい時期かもしれませんが、忘れないように申告しましょう。

もらえる人
勤務先を退職し再就職しておらず、かつ退職前のお給料から所得税を引かれていた(源泉徴収されていた)人。
戻る金額
退職前の給料から引かれていた所得税が戻ってくる可能性があります。
申請方法
退職した翌年1月~5月の間に税務署に確定申告をする

退職するママがもらえるお金 切迫早産

失業給付受給期間の延長

退職すると次の再就職先を見つけるまでの期間、失業給付を受けることができます(失業保険をもらう)。

ただし失業保険をもらうには再就職のために仕事を探していることが前提ですので、妊娠出産で忙しい間は再就職活動ができない期間とされ失業給付を受けることができません。

でも、心配することはありません。
産後のバタバタが落ち着いて再就職のために就職活動ができるようになるまで、失業給付の支給期間を延長することができます。【失業給付受給期間の延長】といいます。

給付は最長4年まで延長することができますので、子供が3歳になって本格的に仕事を探す時期になってから失業給付をもらうことも可能。

ただし、退職翌日から1か月後までの1か月間しか申請できないので、忘れないように申請してください。
郵送でも代理人でも申請できますので、切迫妊婦さんは無理しないようにお手続きしてくださいね。