どれだけ完璧に自宅安静を送っても、『入院』という事態になってしまうことがあります。
『入院通告』は、本当に突然やってきます。

病院に診察に行ったらそのまま入院になり、荷物を取りに家に帰ることを許してもらうことはできません。
あなたは誰かに荷物をお願いし、身の回りのものを持ってきてもらわなくてはなりません。

切迫流産切迫早産 入院準備

着替えから洗面道具、あなたの身の回りの物すべてを誰かに持ってきてもらわなくてはいけないのですが、旦那様にその支度ができますか?
おそらく戸惑ってしまう旦那様の方が多いでしょう。

荷物を持ってきてもらえないと、あなたは健診に行ったその服のまま、メイクを落とすこともできず、食事の時のお箸もコップもなく、トイレに行って手をふくタオルもない状態で過ごさないとなりません。
ただでさえ、入院になってショックなのに、荷物が来ないとさらに気持ちが凹みます。

だから、自宅にいられる今のうちに自分で荷物をまとめておくことが必要です。
支度さえしておけば、もし入院という事態になっても「あそこのかばんを持ってきて!」とご主人に言うだけで済みます。

家族もあなたも助かりますから、是非今のうちに緊急入院カバンを用意しておいてください。

【スポンサードリンク】

切迫流産・切迫早産で急に入院する時に必要な物

急に入院になった時のために、とりあえず当座の入院生活に必要な物を入れた「緊急入院カバン」を作っておきます。
急に入院になっても、これだけあれば1~2日は大丈夫。足りないものは追々持ってきてもらえばOKです。

パジャマ・ネグリジェ1組

入院したらとりあえずパジャマがないと生活できないよね。

パジャマといっても、お見舞いに来る人もいるし、人目のある病院でいかにもパジャマ!って服装には抵抗がある方も多いはず。

そんな方には、こんなパジャマに見えないデザインのルームウェアを用意しておくと気が楽だし、売店や談話室に出て行っても恥ずかしくないのでおすすめです。

病院によっては前開きのネグリジェを指定されている場合もありますが、ネグリジェが必要なのはお産の時だけ、ってことが多いです。
切迫で入院している間はパジャマの方が動きやすいし、寝返りがしやすいように上着の丈が短くて、来客にも備えられるデザインのものがお勧めです。

>>パジャマっぽくみえないマタニティ用ルームウェア一覧はこちら

下着・靴下など着替え2組

普段使っているマタニティ用ショーツ・マタニティブラが数組必要です。
妊婦用ショーツはお腹を締めないもので、張り止め用のお薬は汗をかくので吸汗性の良い素材がおすすめです。まだお産ではないので産褥ショーツは必要ありません。

>>マタニティ用ショーツ おすすめ一覧

フェイスタオル2枚、バスタオル1枚、ハンドタオル2枚

フェイスタオルは洗面用、手拭用など。汗ふき用にハンドタオル、シャワー用にバスタオルも必要です。
タオルも自由に洗えないので、病室内でも乾いてくれる速乾性のものが便利です。

>>やすくてかわいいタオル おすすめ一覧はこちら

おはし、スプーン、フォーク

病院の食事に箸は付いてきません。とりあえず箸がないと、ごはんが食べられないので絶対用意しておいて!入院してすぐは「張りどめの薬」に慣れず副作用でお箸が上手く使えないことも。
ティースプーンとフォーク、大きいスプーンがあると便利です。

箸 一覧はこちら

マグカップ・コップ

病院ではお茶を飲む時のコップも自分で用意しないといけません。

↑は病院用に売られているストローコップなのですが、倒れてもこぼれないし、寝たまま飲めるし、100均のストローを入れ替えることができし、本当に重宝します。

我が家は私が入院中にこれを買ったら以来手放せなくなって、子供が小さい時にもよく使いました。片手でパッと飲めて傾けてもこぼれません。
子供が入院したときにも使いますし、家庭に1個あると長く使えて本当に便利です。

院内用スリッパ

入院時の履物は、完全な室内履きのスリッパではなくクロックスのような屋外用サボが歩きやすくておススメです。

>>クロックス通販一覧はこちら

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液、ハミガキセットなど

入院すると顔色を見るために、すぐにメイクを落とすように言われるので、クレンジングは絶対入れておきましょう。
旦那様にはわかりにくいものなので、かならず自分で用意しておくべし!
シャワー室に備え付けのものはリンスインシャンプーのことが多いので、もしあるなら旅行用のシャンプー・リンス、ボディタオルも入れておくと便利です。

箱ティッシュ

なんだかんだと絶対必要なものの1つ。緊急入院用カバンにひと箱入れておこう。

(大部屋の場合)テレビ用のイヤホン

大部屋に入るならテレビを見るのにイヤホンは必須です。
病院の売店にも売っていますが、もし手元にあるようならカバンに入れておくとすぐにテレビも見られます。

入院が長引きそうな時に持ってきてもらうもの

もし入院することになっても、とりあえずは上記の「緊急入院用カバン」で足りるはずです。
さらに入院が長引くことになると、こんな物があると便利になります。ご参考まで。

携帯・スマホの充電コード

切迫妊婦 入院準備 スマホ最近は病棟内でも携帯OKのエリアが拡大しています。
私がいた病院でも病室内で携帯・スマホは使えました。

大部屋では電話こそ小声で話さなければいけませんがメール・ラインはOK。

充電コードも必須アイテムです。

小銭

切迫妊婦の入院準備 小銭入院中は、貴重品は保管できません。病院内での窃盗は大変多いのです。

保険証やクレジットカード、多額の現金は必ず家族の人に持ち帰ってもらいましょう。

売店で身の回りの物を買ったり、テレビカードを買えるくらいの小銭を小さな財布に入れておくと便利ですよ。

ミニポーチ

点滴を引きずりながら歩くと手がふさがってしまうので、お財布やハンドタオル、ハミガキセットなどちょっとしたものを入れて持ち歩ける小さなポーチがあると便利です。
欲を言えば、耐水性のあるシャワーポーチだと、洗面やシャワーなどにも使えて重宝します。

暇つぶしのグッズ

とにかく1日寝てるだけですから。やることがないと「どうして入院しちゃったのか」とか「なんで私ばっかり」とか考えてしまうので、極力何かに没頭するのがおススメ。
ゲームでも、読書でも、映画鑑賞でも、なんでもOK。
妊娠雑誌・育児雑誌・ファッション雑誌や、ノートパソコンを持ち込んでDVD鑑賞をするのもおススメ。

アマゾンの電子書籍配信アプリ「Kindleキンドル」をインストールすると、0円で読めるコミック電子書籍がめっちゃたくさん揃っていてお得。
Kindleキンドルは無料で使えるので是非使ってみて♪

アマゾンの無料電子書籍アプリ「Kindleキンドル」はこちらからインストールできます↓