切迫の原因を知ろう!

切迫流産、切迫早産の原因と考えられているものを挙げてみました。

【スポンサードリンク】

切迫流産・切迫早産の原因とは

切迫早産の原因 母体側

切迫の主な原因とされている要因をリストアップしています。原因の細かな内容については詳細ページをご覧ください。

絨毛膜羊膜炎・膣内の炎症

切迫の原因 絨毛膜炎

膣内に炎症がある、頸管長が短い、などは「絨毛膜羊膜炎」の初期の症状と一致します。

子宮頸管無力症

子宮頸管無力症 切迫原因

子宮頚管無力症は、妊娠中期以降に、陣痛(子宮収縮)を伴うことなく、この子宮頚管が開き子宮口が開いてしまう病気です。

多胎妊娠

双子 切迫早産

多胎妊娠は母体にも胎児にもリスクが大きくなります。早産率が高く、切迫早産で入院する期間が長くなる可能性があること、帝王切開になる可能性が高いことなどを、しっかり認識する必要があります。

前置胎盤

前置胎盤の種類

胎盤は普通、子宮の上部に位置していますが、胎盤の位置が赤ちゃんが子宮から出るための通り道である子宮口をふさぐ場所にできていることを前置胎盤といいます。
前置胎盤でも子宮口をどの程度ふさいでいるかによって次の三つに分けられます。

羊水過多症

羊水過多症 切迫早産

日本では、妊娠時期を問わず羊水量が800mlを超えると推定される場合や、800mlを超えていると確認されたものを羊水過多と呼んでいます。

妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症)

妊娠高血圧症候群

「妊娠高血圧症候群」とは、 妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う・・・

ページの先頭へ