入院中の妊婦さんのお見舞いに行きたいけれど「いったい何を持っていったら喜ばれるんだろう」とお困りの方も多いことでしょう。

私は妊娠するなり管理入院となり、妊娠期間中のほとんどを病院で過ごしました。
その間いろんな人がいろんなお見舞いをもってきてくれたのですが、正直「もらっても困るなぁ」というものもいくつかあったんですよね。

ということで、私の実体験から、こんなお見舞いをもっていけば入院中の妊婦さんも喜んでくれるんじゃないかな?というものを集めてみました。ご参考まで。

【スポンサードリンク】

食べるものをお見舞いに持っていくのは要注意

妊婦さんには体重管理がつきものです。
「食べた分だけ赤ちゃんが大きくなる」というのは昔の話で、今は妊婦さんでも必要以上に体重を増やしてはいけないと指導されています。

入院中の妊婦さんへのお見舞いおすすめ

ですから、ケーキやお菓子、など甘いものものを妊婦さんのお見舞いに持っていくのは要注意です。

妊婦さんが入院された原因にもよりますが、つわりの方は食べられるものが限られているでしょうし、妊娠中毒症や妊娠高血圧症候群などの場合もカロリーを病院で徹底して管理されています。
むやみにケーキやお菓子をお見舞いに持っていくと、「おいしそうだけど食べられないわ」と却って妊婦さんを困らせてしまう結果になりかねません。

食べ物なら、日持ちするゼリーが嬉しかった!

食べ物なら、日持ちするゼリーなどが良いかもしれません。
つわりの方でも冷たくてさっぱりしているゼリーなら喉を通ることもあるかもしれませんし、もし今は食べられなくてもゼリーなら保存しておくことができるので安心。 

私が実際にもらってうれしかったのは、こちらの北海道夕張メロンピュアゼリー。
本物の夕張メロンを使って作られている超有名なゼリーで、数々のテレビや雑誌でも取り上げられている北海道土産の王道です。

開けた時のメロンの香りが素晴らしくって、ちょっと贅沢でちょっとうれしいお見舞いでした。

by カエレバ

 

逆に果物丸ごとの盛り合わせはちょっと考え物。
入院中はお皿やナイフなど切り分けるものがありませんので、メロン丸ごと病室に持ってきてもらっても妊婦さんは食べられません。

大人数でお見舞いに行くなら、みんなでその場で食べられるこんなフルーツブーケはいかがでしょう?
見た目も豪華で花束代わりにもなるし、みんなでつまんでぱくっとその場で食べられるので、便利ですよ。実際に妊婦さんへのお見舞いというご注文も多いそうです。

入院中の妊婦さんへのお見舞いおすすめ

こちらは大阪市中央卸売市場の横にある青果店さんがやっているフルーツブーケで、賞味期限は発送より3日間です。
>>こちらのフルーツブーケのお店「ギフトパーク」さんの公式HPはこちら

私も実際に食べたことがありますが、当日仕入れた新鮮なフルーツをその日のうちにカットして発送しているので、到着後も果物はとってもきれいですよ。
その場にいるみんなで食べたら捨てられるので、とってもスマートなお見舞い品になると思います。

お花はもらった後が困る!そのまま飾れるブーケやアレンジだったらすごくうれしい

管理入院で入院している妊婦さんは、たいていの場合大部屋です。
大部屋は一人当たりのスペースが狭く、花束をもらっても移し替える花瓶がなかったりするので、お花をもっていかれる時はアレンジメントにしてもらえると、そのまま飾っておけてうれしかったです。

こんなのとか

こんなのだと、狭いベッド際にも置けて、もらうとすごくうれしいです。

DVD・漫画・雑誌・ゲームなど暇つぶしができるものがうれしい

切迫早産妊婦さんへのおすすめお見舞い

私が入院中に一番もらってうれしかった差し入れは、小説・漫画・DVDでした。
妊娠中に入院するといろいろと考えて落ち込んでいることも多いので、何も考えずぼーっとその世界に没頭できるものがいいんです。
漫画を全巻揃えてもってきてくれた友達がいましたが、本当にうれしかったなー。

最新妊婦さん雑誌はこちら

>>最新!AMAZON新着ランキングを見る